スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠の0」 ①

「小さいおうち」と天秤にかけてはみたものの、
やはり気になり再び映画館に足を運んだ。
嬉しいことに「夫婦50割引」を利用し二人で2,000円で入場出来た。

一度諦めかけたがこの作品はどうしても見てみたかった。
理由は7週連続1位も後押ししたが、実はアミュ広場に零戦が展示してあったのだ。
零戦展示
画像をクリックして下さい。
12/30(月)2013 アミュ広場にて

全国でも展示はあったのだろうが、鹿児島県は零戦との縁は切っても切れない土地だ。
「知覧・鹿屋・万世(加世田)」の特攻基地3カ所から、
約530名(総員1,036名)が帰らぬ人となったからだ。
永遠の0
クリックを!!
展示場所は鹿児島を外しては考えられなかったと思う。

あちこちですすり泣く音が絶えなかった。
この作品は涙なしではとても見れなかった。
咽(むせ)び泣く・嗚咽(おえつ)・欷泣(ききゅう)
どの言葉がふさわしいのか分からないが、
恥ずかしながら終始「泣きながら体を震わせて」いた。
あまりの震えに振動が他人へ伝わらないか心配の連続だった。

次へ続く

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ





テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

泣かされましたよ、おんおんと。
この映画が戦争賛美とはね。
我々はいい時代に生まれました。

Re: No title

> 豊栄 のぼるさん こんばんは

 豊栄さんも2つとも見に行かれたのですね。
 映画はとても好きなのですが時間がなくて、
 久しぶりに足を運んだのです。
 豊栄さんも泣かれましたか。
 
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。