奄美復帰60年 ⑧

帰りは船会社が違ったが追加の船賃なしで乗れた。
お国掛かりなのかそれとも船会社間の協定なのか、
この制度は非常に有難かった。

慌ただしい1日だけの観光だったが十分満足いく、
中身の濃い旅行だった。

船は台風が近づく中夜9時頃名瀬を出航した。
鹿児島新港には翌日8時頃に着岸予定だ。
2等船室は予定以上の乗客で溢れかえっていた。

港を出ると即大波が押し寄せてきた。
1万トン級の船が木の葉のように揺れる。
最初は甲板と同じ高さで外を見て居たが、
海上は船よりはるかに高い波が荒れ狂う。
この船は無事鹿児島に着けないかもしれないと
思うほどの怖い波が猛り狂う。

台風がどんどん追いかけてくる。
うまく逃げおおせてくれと神に祈った。
3人の子供を死なすわけにはいかない。
約6時間近くは生きた心地がしなかった。
湾内に入ると大丈夫なんだがと焦る気持ちをどうにか抑えた。

やがて東の空が白む。
さつま富士が薄っすら見えてきた。
船から見る開聞岳がどんなに美しく、
落ち込んだ気持ちを和ませてくれるか。
多分見た者の全てが同じ気持ちになることだろう。
無事に錦江湾内に入ると大分海はおとなしくなった。

ところでその時の「あけぼの」がそうだったかはわからないが、
大型船には数々の安全装置が装備されている。
横揺れを抑えてくれる頼もしい装置に、
「フィンスタビライザー」がある。

この「フィンスタビライザー」は戦前に日本人が発明した装置だ。
「海運雑学ゼミナール 日本人が発明したフィンスタビライザー」  クリック!!
日本船主協会


「フィンスタビライザー」の説明に最適なHPがありました。
「長距離フェリー フィンスタビライザー」 クリック!!
2013年版」
日本長距離フェリー協会

最近の大型船は離岸すると海中に羽を広げる。
この「フィンスタビライザー」が横揺れを大幅に改善してくれる。
その当時この装置が設置されていたかどうか判らないが、
相当古い話なのでおそらく無かったのかも知れない。
あの地獄のローリングとピッチングは。

⑨に続く

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです!

シッタレさん、
遅ればせながら、新年おめでとうございます。
11月から急に忙しくなり、ブログまで手が回らず、
すっかりご無沙汰してしまいました。

台風に追い立てられ、怖い思いをされたのですね。
泳げない私が、もしこの船に乗っていたら・・・
・・生きた心地がしなかったことでしょう。
無事のご帰還、ほっとしました。
これからもぼちぼち更新していきたいと思っていますので、
どうかよろしくお願いいたします。

Re: こんばんは

> Peterp kさん こんばんは
>
 明けましておめでとう御座います。
 私こそやることが多くご訪問できてない事を
 心苦しく思っています。

 年末はゴスペルのコンサートで大忙しだったのでは。
 多彩にご活躍されすごい方だなと感心しています。

 転勤族で鹿児島から長崎に転勤され、その後行方が分からなかった方から、
 年賀状が届き三重に転勤になったとありました。
 早速お礼の賀状を書き、三重は素晴らしいブログ仲間がいることを伝えました。

 本年もよろしくお願いします。
 
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード