奄美復帰60年 ⑦

私が奄美群島を初めて見たのは、
昭和58(1983)年3月沖縄からの帰りだった。
鹿児島ー沖縄間を往復する離島航路で船名は
「フェリーあけぼの Aライン」だった。
沖縄(那覇港)⇒与論島(与論港⇒沖永良部島(和泊港)
⇒徳之島(亀徳港)⇒奄美大島(名瀬港)⇒鹿児島(新港)

各港々、3月下旬の進学・就職する皆さんの見送りで、
色とりどりのテープが飛び交い感動の涙の別れをみて、
私も目頭が熱くなった。
あのシーンは今でも鮮明に覚えている。
奄美群島との出会いは船上だけでの出会いだった。

まとも(?)に訪問したのは平成6(1994)年10月8日。
家族五人での初の奄美旅行だった。
が、悲しいことに台風が接近していた。
取りあえず名瀬港には着いた。
が、同船が沖縄へ行くのを止めて徳之島止まりとなったことで、
「クインコーラル」の復路に乗船するつもりが戻ってこないという。

しかし、もう1社の「フェリーあけぼの」がこの日の夜に沖縄から着くので、
それなら鹿児島に戻れるとのこと。
あわてて切符の手配をして、
僅か1日足らずだったが名瀬を中心に観光地を巡った。
先ずは大島紬の工程を展示してある資料館や土産店を回った。
次にタクシーで北部の「あやまる岬」に行き、
その後名瀬市内の繁華街を歩いた。

途中、道路脇の山裾にソテツの群落があった。(龍郷町 安木場(あんきゃば))
「奄美の風」 クリック!!
大分昔のことで写真も見つからず、「奄美の風」さんのページを、
拝借させて頂きました。
「島人♪海人♪奄美人」 クリック!!
もう一方「島人♪海人♪奄美人」さんのページも追加させて頂きました。

なにしろ見事な山だったので特に印象が深い。
そばに「糸バショウ」の群生もあったそうですが、
あまり記憶に残っていません。
当時の印象は駆け足で廻ったことと、
結構時が経っているのでそれ以上のことはよく覚えていません。
奄美についてはその後ずーっと気になっていたので、
これを機会に再び訪れたいと思っている。

特に今度訪問するときは南部の瀬戸内町・加計呂麻島を回ってみたい。
特定の場所は分からないがその地域に「さがり花」が咲くはずなんです。
機会があったら是非見てみたと思っている。
「さがり花」 クリック!!
マングローブの川沿いの湿地に咲く花ですが、
一斉に落ちたこの花で川が埋まると聞きます。
是非見てみたいのです。

⑧に続く

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード