拉致事件 追加②

宮崎の先輩が言うには、
「宮崎でも拉致事件があった。」
原敕晁(ただあき)さん拉致の「シン・ガンス事件」や、
国が認定していない拉致事件があるという。

一連の拉致事件が頻発していたころ、
宮崎の一ッ葉海岸(日南海岸)でアベックの襲撃事件が多発していた。
先輩は何とかその奴らを懲らしめてやろうと、
職場の同僚女性と連れ立って、たった二人で車にバットを忍ばせ、
噂の松林で待ち伏せた。

すると、暗闇の中車をめがけて数人の足音が近づいてきた。
急にエンジンをかける。
ライトが賊を照らし出した。
4~5人の黒装束が慌てた様子で5方向に散らばった。

中高生の仕業と決め込んでいた二人は、
思った以上の人数と屈強な者共の出現に、
ただならぬ事態を悟り、急発進し猛スピードでその場を立ち去った。
バットで撃退どころではなかったと言う。

あとで思えば北朝鮮の工作員ではなかったか。
下手をすれば二人は拉致され、今頃北朝鮮で泣き暮らしていたかもしれない。

「九州紀行 拉致ルートを探して 宮崎県2」
「くちなし日記」の作者はかなり詳細に拉致事件を調査されているようだ。

今回で一先ず拉致事件は終わりにします。
情報次第では今後も取り上げるつもりです。

拉致事件の早期の解決を望みます。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

拉致された人たちは 一時的に記憶をなくしたかのように
放心状態で その間に 洗脳され 何事もなかったかのように
普通に生活してると思います
されど 心の奥 記憶の奥には 故郷に帰りたい、と
悲痛な叫びを 発してると思います
一日も早く 早期解決 そして 認められてない被害者も
本来の家族の元へ 生きてる間に 解決してほしいです

Re: こんにちは

みかんさん こんばんは。

南九州の海岸沿いでは、北朝鮮工作員の話題が多いようです。
一時も早く解決されることを、望んでやみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

シッタレさん、こんにちは。

遅々として進まない拉致問題の解決・・・ 
・・ ご家族、ご親族のお気持ちを思うと、ほんとうに胸が痛みます。
一日も早い解決をと、祈るばかりです。

Re: No title

> peterp kさん こんばんは。

 山はどうでしたか。
 鹿児島は連日20度を超え春そのものでしたが、
 明日からはまた寒さが戻るそうですね。
 もう一息ですね。

 拉致問題については今後も追っていきたいと思います。
 拉致と聞くと軽く聞こえますが、重罪の誘拐ですから。
 国のトップが道を誤ると、取り返しが出来ないことになります。
 
 早く普通の国になるよう願うばかりです。
 
プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード