プリムラ ジュリアン

プリムラ ジュリアン イエローシルキー”幸貴”
プリムラA

サクラソウ科サクラソウ属

昨日お客様宅で黄色でピンクの縁取りのプリムラを見つけた。
(私にとっては初お目見えの)

眼にも鮮やかなイエローで淵のピンク(ピンクと言うよりは紅色)が可愛らしく、
冬枯れの庭の中で一際目立った。
プリムラB

プリムラと言えば「ポリアンサ」・「マラコイデス」等の外国種を思い出すが、
ジュリアン系は日本の改良種だとか。

最近は熱帯花木に熱が入り過ぎ、プランター植え等の園芸種に目を向けなかったが、
こんなにも美しく華麗に変身していたとは。
改めて感動し見直した1品だった。
プリムラC

残念ながら秋までの降灰溜まりが風に舞い、
花弁に点々と付着しているのが惜しまれる。

この日は天気も快晴で高台からの桜島も
美しくそびえていた。
桜島

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

シッタレさん、こんばんは。
この時期、お花が少なくて淋しいですが、
サクラソウの仲間は、寒さに耐えてよく咲いてくれますね。
黄色に紅の縁取りは、明るくて、可愛らしく、一足早く春が来たよう。

花弁に付着・・・火山灰の影響は、こんな所にまで及んでいるのですね。 
火山灰によって支障を来すことは多々おありでしょう。
それでも、桜島を愛されている鹿児島の方々はすばらしい!

Re: No title

>petero kさん、こんばんは。
>
この時期南国かごしまとはいえ、花の種類は極端に減りますね。
 目立つのはサザンカ・ツバキ類 ・ 水仙の花類
 それと鉢植えの小花 パンジー ・ プリムラ類ですよね。
 その中で一際目立つのがこのプリムラの仲間だと思います。

 プリムラを取り上げたせいもあり、プリムラの鉢植えに目が行きますが、
 他にも目に鮮やかな品種が多くありますね。
 花の世界の品種改良の進歩にはビックリします。

 桜島は相変わらず活発に噴煙を上げていますが、冬の間は風向きが大隅半島に吹くので、
 鹿児島市内は一息つきます。
 したがって夏は降灰の影響を受けることになります。
 先日、垂水(たるみず・・大隅半島)にお通夜に行きましたが、
 大粒の降灰に強襲され慌てて車に駆け込みました。
 冬の間鹿児島市民は降灰のことをすっかり忘れていますが、
 確実に活動は続いていることを知らされました。

 それでも鹿児島県人は「桜島」なしでは心が落ち着かないのです。
 マンションの広告も「桜島」が望めることを売りにします。
 「桜島」なしでは生きて行けないのです。
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード