城水観音①

仕事を終え川辺からの帰り(10/12 H24)南薩横断道(一部自動車専用道)をひた走り、
さつま川辺湖を過ぎたあたりで、鹿児島市坂之上に抜ける県道19号の
標識があった。

この県道19号を通ると、鹿児島国際大学付近に繋がることは、
事前に地図で知っていた。
が、これまで利用したことは1回もなかった。
1度は通ってみようと即座に考え急遽右折した。

暫く谷あいの緑陰の気持ちのいい下りが続いた。
10分も経っただろうか。
道路は右に折れ橋が見えた。
橋上を通過するとき何気なく左側の渓流の先を見ると、
なんとこの山中で台座上に観音様が立っている。
橋上から

道は橋を過ぎると上りになり左方向にカーブしているが、
慌てて道路右側の空いた部分に車を留めた。
観音様方向に歩き出した入口に「城水観音」の案内が。
入口 水溜り
 
狭い歩道を下っていく。
左手の川中は平らかな岩が並び、岩の間を勢いよく清流が流れている。
川下は水の溜まり場があり、その下は並列の滝となり川となり、
川辺湖に注いでいる。
水の溜まりは透明度がかなり高く、深緑色の水中には魚の群れが見えた。
先客の野鳥が岩の縁で川面を窺っていたが、
人の気配に気づき飛び去ってしまった。
体色からカワセミではないと思った。
川面夕日
滝 落ち葉
 
話を川上に戻そう。
観音様は渓流のほぼ中央に立座されており、
一部邪魔する木立があるが、入口中ほどからずっと目視出来る。

周りは平らかな石畳が並び、流れの淵まで辿ることが出来た。
石畳で渓流が狭くなったせいもあり水流が白濁し、
その様子は奥入瀬の流れを髣髴とさせる。
夕日射す
流れ2 流れ1
 
上流を覗くと夕日が射し込んだ竹藪が黄金色に輝き、
観音様を仰いだ後でもあり、この空間に一種神聖な神の霊域を感じた。
それにしても誰がこの地に観音様を建立することを考え出したのか。
恐らく私と同じここに神聖な領域を感じられたのではないかと勝手に思った。


②に続く

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

写真

いい写真じゃないですか。でもいつも不満に思うのは、なんでこんなに写真を小さくするのかなということです。目一杯表示できる最大限の大きさにしてぶら下げればいいのに。

Re: 写真

>豊栄 のぼるさん こんばんは。

 以前よりご指摘を受けていましたが、全体のバランスを考えサムネイル画像にしていました。
 今後は極力普通の画像を使用します。
 意図的な場合もありますので、その節はご容赦を。
プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード