おはら祭 ② 「渋谷音頭」

おはら祭の踊りは「おはら節」「ハンヤ節」に加えて、
「渋谷音頭」が大きな柱になってきた。
今回は常に3曲の繰り返し。
(渋谷で鹿児島おはら祭(毎年5月頃)が盛大に行われている関係で)

編み笠A 編み笠B
 
編み笠C
「綾木流」

ほぼ一日中聞き続けていたので、
春日八郎の歌声が耳から離れなくなった。

「You tube」
「渋谷音頭 かごしま おはら祭」

作詞 下村 八重 作曲 渡久地 政信
歌  春日 八郎

1.緑の風が はずんだ声を
 運ぶ渋谷は 若い街
 古い歴史を そのままに
 つづる代々木の 森近く
 忠犬ハチ公 待ち合わせ
 ラブラブ渋谷 ラブラブ渋谷 

2.おしゃれなウインドウ 原宿通り
 ちょいと私も 若づくり
 けやき並木の 梢にも
 ひびく 屋内競技場
 きっと出る出る 新記録
 ラブラブ渋谷 ラブラブ渋谷

4.恋人達の 道玄坂を
 行けば円山 月も出る
 思いがけない あのひとに
 逢えて嬉しい 紅提灯
 祭ばやしの 遠太鼓
 ラブラブ渋谷 ラブラブ渋谷

私が初めて働き出した職場は、渋谷の駅からほど近かった。
2年半をそこで頑張った。
私の東京は「渋谷」から始まった。

ハチ公前・道玄坂・宮下公園・宮益坂
原宿通り・原宿ピアザビル(ビクターレコードの本社があった)
渋谷公会堂(黛 敏郎司会の「題名のない音楽会」の収録に行った)
神南のNHKまで業務でよく歩いた。

コンパ・コールスロー・メンチカツ・タンメン・立ち食いソバ
渋谷で初めて知った。

駅前の店でビンに「蛭」を入れて売っていた。
今もあるのだろうか。

田舎者の私は都会に気後れして、たった5年で故郷へ戻ったけれど、
今にしてみれば懐かしさで胸が熱くなる。
春日八郎の歌詞の一つ一つにその時代が思い出され、
泪がこみ上げてくる。

シッタレの青春の街、渋谷。
シッタレの社会人第一歩の始まりの街、渋谷。
派手な世界にはいたけれど、
あの日があったから今がある。

♪「ラブラブ渋谷 ラブラブ渋谷」♪


ヤングC ヤングB
 
ヤングA
「ヤング踊り連」 次回で特集します。
サムネイル画像をクリックすると拡大します。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ : 鹿児島の風景
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

シッタレさん、こんばんは。
おはら節やハンヤ節は有名ですよね。
高校生の時、神戸の学校に通っていたのですが、
文化祭の打ち上げで、ハンヤ節の替え歌を歌って踊るのがすごく楽しかったことを、
今でもハッキリ覚えています。
デカンショ、デカンショで半年暮らす、後の半年や 寝て暮らす、
ヨーイヨーイデッカンショ・・・ こんな単純な歌詞でしたが、
先生も生徒も、声が枯れるくらい大きな声で歌いながら踊ったものです。
歌と踊りで気持ちがひとつになっていくようでした。 
映像、拝見しましたが、ほんとうにいいものですね~

Re: No title

> petero kさん、こんばんは。
> 返事が遅れました。

 次の記事に取り組んでいますが、時間が足らず一向にUPできません。
 ところで「ハンヤ節」にはデカンショ・デカンショ は出てきません。
 
 どんなものか近いうちに動画をUPします。
 すこしお待ちください。
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード