福山酢 (A)

先ずは位置関係を見てみよう。

福山県広域
鹿児島湾奥に位置する。

カクイダ地図
長命ヘルシン酢から直線で約12km。陸路で約20km弱位か。

この福山は黒酢作りに必要な良質の水、
温暖な気候を兼ね備えていた。
江戸末期(1800年頃)薩摩(鹿児島)は、
中国や琉球と密かに交易をしていたが、
福山は宮崎との交易の中継地だった。
酢作りの技術は中国福建省アモイから伝来したらしい。

私たちの子供の頃、酢のことを「アマン」とか「アマン酢」と言っていた。
アマンはアモイから来ていたらしい。
その時代からの黒酢作りと、現代の製法はなんら変わっていない。
機械化の波にも惑わされず、アマン壺(かめ壺)での製法を、
ただ頑なに守ってきた。

アマン壺
アマン壺
サムネイル画像をクリックすると拡大します。

それが近年の健康自然食ブームで火がつき、黒酢の名称も好印象を得て、
全国に広まって行った。
黒酢と呼べるのは普通醸成期間が1年前後。
「桷志田」では2年以上の発酵醸成期間をもって、
初めて黒酢として出荷していると言う。


本日はこれまで。
何回かのシリーズとなります。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。






テーマ : 【鹿児島】
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード