蓮華院誕生寺 南大門

南大門表紙
撮影日11’4.29

奥之院を後にして次は、蓮華院誕生寺 本院・南大門へ。
本院は玉名市内の街中にあった。
目的はつい先ほど(4月23日)落慶法要を済ませた、
南大門(復元)にあったが、
門は然ることながら、四方に守護する「四天王像」の見事さ。
まず見てください。
<正面から見て>
正面
正面左 (南方を守護)「増長天ぞうじょうてん」
増長天A 増長天B
 
増長天C
刀は本物だとの説明があった。

正面右 (東方を守護)「持国天じこくてん」
持国天A 持国天B
 

<本院から見て>
本院から
左   (北方を守護)「多聞天たもんてん」
多聞天A 多聞天B
  旧横綱朝青龍関がイメージモデルとして参加した。

右   (西方を守護)「広目天こうもくてん」
広目天A 広目天B
 横綱白鵬関がイメージモデルとなった。

寺院では南にある門が正門だそうで、そこを南大門と言うそうだ。
蓮華院誕生寺の南大門は戦国時代の戦乱で消失。
この度その復元が成り、落慶の運びとなった。
今回はたまたまその数日後、訪れる好機を得たと言うことだ。
この四天王像は、数百年単位~数千年単位で、
後世に残るに違いない貴重な財産だと思う。
重文指定の可能性も十分あると思う。

余計なことだが「重要文化財指定基準」文部科学省を、
表記しておきます。
「重要文化財の指定基準」

四天王像はそれぞれドイツ製のシャッターに守られている。
寺院の四方を守護する「四天王」が、
シャッターに保護されているとは、少し滑稽に思えた。

本院 本院五重塔
 左、山の中腹に、奥之院五重御堂が見える。 右は本院の五重塔。
サムネイル画像をクリックすると拡大します。

追記 南大門・四天王像
「南大門便り」
南大門落慶及び四天王像の開眼法要までの道のりが、
詳細に判ります。

蓮華院誕生寺 本院・南大門
〒865-8533
熊本県玉名市築地2288
℡0968-72-3300

※シッタレは蓮華院とは宗教的に何の関わりもありません。

これで蓮華院はお終いです。

玉名には思いもよらない名所旧跡があった。

たま(たまには)玉名にきなっせ(来て下さい)
玉名はほんによかとこばい!
熊本弁でした。熊本には親戚が多く居ます。
少し間違っているかもしれませんが。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

四天王

素晴らしい!
一つひとつ拡大して見ましたが、ほんと後世に間違いなく残るでしょうね。
木彫の荒々しい怖い顔の仁王さまは子供の頃よくみていましたが、こんなに華麗で力強いのは
一見の価値ありですね。
勉強させていただきました。 ありがとうございました。

No title

こんばんは。
玉名といえばラーメンと温泉かなと思ってましたが
いいところありますね。
ありがとうございました。

Re: 四天王

> 白秋マダムさん 今晩は。

 京都の「今村 九十九仏師」とそのお弟子たち、
 また、地元の技術者・学生など、
 多くの人々が製作に携わった、
 非常に価値の高い文化財だと思います。

 興味がありましたら是非一度、足をお運び下さい。
 必見の価値ありだと思います。

 それに、追加記事を張りました。

Re: No title

> あかちんさん 今晩は。

 玉名は温泉とラーメンですか。
 機会がありましたら、また寄りたいと思います。
プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード