焼酎蔵(その1)

郷中蔵表紙

薩摩郷中蔵(ごじゅうぐら)
GALLERIA HOMBO(ガレリア ホンボウ)
鹿児島市南栄3-27(TEL099-822-7011)
本坊酒造株式会社

この1週間近く大阪からお客を迎えて、案内のため県内を駆け回っていました。
先方の要望もあり焼酎の蔵元を訪ねてきた。

先ずは予約の出来る蔵元「薩摩郷中蔵」に行った。
工場は最近建設されたと見えて、白を基調とした近代的な瀟洒な建物で、
内部も実際に使用している蔵の他、ギャラリー・ガイダンスホールが
併設、また試飲コーナー及びショップが並んでいる。
蔵入口 蔵内
 予断ではあるが、ここは蔵内を自由に撮影できた。
残念ながら次の蔵は撮影不可。蔵内部の画像は貴重なものになった。

映像ホールでは「本坊酒造の志」と題して15分程度の、
ハイビジョン映像が見られる。また、「壁面ラベルコレクション」では、
過去から発売してきた製品のラベルが貼られ、懐かしい製品や商品名と
会社名が一致しないもの「石の蔵から・宝星地酒・おはら」が確認できた。

映像 壁ラベルコレクション
 
試飲コナーでは残念ながらハンドルキーパーの私。試飲はかなわなかったが、
同行した3名は十分に堪能したようだ。
桜島さくらラベル 試飲コーナー
 
黒麹 試飲コーナー及びギャラリー
 
ギャラリー 薩摩切子 ←薩摩切子
この横倒しのビンはこの状態での陳列です。  
 サムネイル画像をクリックすると拡大します。

本坊酒造では焼酎は勿論の事、ワイン・ウイスキー・ビール・梅酒・地酒等を製造。
ワインは「マルスワイン」として知られ、山梨・信州で製造している。
「マルスワイン」については思い出がある。
子供の頃自宅近く(鹿児島市南部)に、ワイン工場があった。
「マルスポートーワイン」を製造していたと思う。
ワイン製造の副産物として、「グル糖」ができる。
何回か戴いた事があるが、甘いものが少ない時代、
うれしさに小躍りしたことを思い出す。
この本坊酒造の工場だったのだろうが今は懐かしい。

話は変わるが、本坊酒造さんは毎年新酒のラベルに、
桜島に因んだ「絵画」を公募。最優秀作品の絵をラベルに使用している。
ギャラリーに歴代の作品が展示してあったが、
今年(2011年)の作品は一際異彩を放つ。
鹿児島市内の医師の作品だという。
この医師の感性に脱帽だ。

追加です。
その絵を見たいとのご要望がありました。
ギャラリーには原画(多分?)が、展示されていましたが、
写真を撮ることは躊躇しました。
そこでこの絵はないかとNetで調べているとあッ!ありました。
青白い月が出ている絵がそれです。
多分今年の秋に「桜島年号焼酎2011」のラベルとして、使われるのではないでしょうか。

「桜島アートラベル賞 月照雪山ーⅡ」
「納 光弘」さん


ショップで数種の酒類とコップを購入し蔵を後にした。
「この中のガラスのコップ。
冷たいものを注ぐと、桜の花びらがピンクに染まる。
女性へのお土産にいかが!」

次は南薩摩に向かった。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 鹿児島県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お医者さんの桜島の絵というのは、上の試飲コーナーのサムネイルの中にあるのでしょうか?毎年ラベルを変えるのはいいことですね。それを楽しみに買うファンもいることでしょうから。ボルドーワインのムートン・ロートシルドも毎年有名画家の絵をラベルにしていますから、好きな人はそれを全部そろえるのが夢なんですよね。

Re: No title

> 豊栄のぼるさん 今晩は。
 いつも有難うございます。
 この絵を撮るかどうか躊躇してしまい、結果カメラには収めませんでした。
 
 絵が見つかったので、記事に追加しました。
 ご覧ください。

こんな時間に急に
目が覚めました(^^;

という訳で…
何か更新されてるのでは!?
と思って見に来ました:-)

先週は本当に楽しかった★!

もう1人の同行者も
色んな体験が出来て
最高の一週間やった
って喜んでたよ\(^O^)/

ここに書くのもなんだけど
仕事の方もいい報告が
出来そうな感じです♪♪

もうしばらくお待ちを!笑

では、おやすみ(ρ_-)ノ
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード