スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツマタ

ミツマタ表紙

ミツマタ(三椏)

ジンチョウゲ科 ミツマタ属
原産国 中国中南部・ヒマラヤ地方
落葉低木

名前の通り枝が必ず三つに分岐する。
春を告げる花として、他に先駆けて咲く花で、
サキクサとも呼ばれ、三枝(サエグサ・サイグサ)姓の語源となった。

ミツマタと言えばコウゾと並び、和紙の主原料の両翼だ。
日本の紙幣は「ミツマタ」を原料としているらしい。

FPかごしまの入口から、右の通路を行くと、
「ミツマタ」は間もなく左手に植わっている。
2月の中旬を過ぎる頃、三つに分かれた各枝先に、
黄色の雪洞状の花が、上品に咲いている。
黄色もけっして派手ではなく、しっとり落ち着いた色だ。

FPかごしまには、この時期毎年訪れていて、
その度に「ミツマタ」を鑑賞してきていた。
しかし、熱帯花木ではないという意識から、
これまで取り上げる事はなかった。
この日は小雨交じりで少し風もあり、被写体が常に揺れていた。
うまく撮れたと思っても、自宅で確認するとボケたものばかりで、
過去にもまともな画像は残っていない。

今回はどうにかお見せする画像が撮れていたので、
UPすることにした。
ミツマタB ミツマタC
 
ミツマタD ミツマタA
 サムネイル画像をクリックすると拡大します。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

シッタレさん、こんにちは。

ミツマタの木は、何度か山で見たことがありますが、
花は、今回初めて見ました!
かわいらしい花ですね。
シッタレさんのおっしゃるとおりです。
黄色は黄色でも、ふんわりした優しい色合いですね。
ミツマタの花と出会えて、感謝♪
待ちに待った春は、もうすぐそこまで来ているのですね。

Re: No title

> petero kさん 今晩は。

 「ミツマタ」の木を、山中で見られたことがあるのですね。
 私は自然に生えた「ミツマタ」を、残念ながら見たことはありません。
 この木について、あまり詳しくはないので、軽率には言えませんが、
 鹿児島県では少ないのかも知れません。

 こんな綺麗な花が、あまり知られていないと言うのは、
 不思議です。
 「コウゾ・ミツマタ」と言うのは、和紙の代名詞のように言われますよね。
 それなのに花の認知度は、かなり低いですね。
 ついでに「コウゾ」も検索しましたが、こちらは何となくこれまでに、
 見ているような気がします。
 それにしても自然の想像力は、すごいものだと感じています。

 お伝えしたいことがあります。
 続きは petero kさんのBlogにて、
 お目に掛かりましょう。 
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。