鹿児島本港シップガレージ

9月10日午後、お客様宅を訪問する予定だったが、
急遽変更され、「鹿児島本港シップガレージ」に来て欲しいと、
携帯に連絡が入った。
地図
13番のところ

言われる所に着くと、何と地上に豪華なクルーザーが、
50艇ほど並んでいる。
他の船は周りを取巻く海上に、何百艇も係留されている。
お客様が言うには、地上にある船は、鹿児島の金持ち様の、
持ち物だとか。
船は海上に浮いていると、牡蠣類が付着するし、
海水に浸かっているより、陸上の方が長持ちするらしい。
係留費用は海上より、数倍高いという。
世の中には余裕のある人達が、けっこういるものだ。
クルーザー

お客様の愛艇は「静香」号。奥様と娘さんから採ったらしい。
「静香」号は、新艇を購入してから、3年程経っている。
今回の陸揚げは、年1回のエンジン等の整備と、
牡蠣落としと塗装を施すためだ。(普段は海上係留組)

写真には写ってないが、大型のクレーンが設置してあり、
これで吊り上げる。
前に見えるは、「オハラハア~桜島」。
桜島
サムネイル画像をクリックすると拡大します。

その前に鎮座する建物は、鹿児島市の魚類市場だ。
傍には、今流行の海上に散骨する、専用船が係留されていた。
散骨船
散骨船(中央の大きな船)

皆さんはご存知だろうか。
暗闇を走る船の両舷に、赤と緑の灯火があることを。
右舷が緑色で、左舷が赤色。
夜見える船舶が、どちらに進行しているか、
赤と緑(それとマスト灯・船尾灯)で一目瞭然だ。
もしご存じなければ、夜確かめて下さい。

静香号
赤灯
緑灯

オーシャンチャレンジ マニュアル
第一章 安全な航海
http://oceanico.hp.infoseek.co.jp/manual-1-4-4.htm

それから、船舶は右側通行だ。車とは逆。
世界と繋がる海上は、世界統一のルールだ。
衝突回避も、右に回避する。
(今回お客様に確認した)
実は私は小型船は苦手。直ぐ船酔いする。
近くを通る大型船の、波でも具合が悪くなる。
それに比べ、大型船はOKだ。
奄美からの帰りに、台風と遭遇したことがあるが、
大丈夫だった。1万トン弱だが。
ましてや、20万トンの豪華客船ともなれば、
なんともない!と思う。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

しったれさん、こんばんは。 お久しぶりです。
鹿児島本港、活気がありますね~
中央卸売市場ですか? 大きな建物でびっくりしました。
新鮮な魚介類、さぞかしおいしいでしょうね。

散骨船というのがあるのですか? 初めて知りました。
船に赤と緑の灯火があることも・・・ いつも、いろんなことを教えてくださって感謝です。

小さな船は、どうしても揺れるので、船酔いしてしまいますね。
大きな船なら大丈夫でしたら、いつか世界一周の船旅も夢ではありませんね♪

おはよう御座います。

> 最近帰宅が遅く、うとうとしながら、記事を作っていました。
 後で読み返すと、誤字が多く恥ずかしいこと。
 慌ててこっそり、手直ししています。
 一人赤くうな垂れながら。
 毎日のUPが理想ですが、そうは行きません。
 ゆっくり焦らず、マイペースで行きたいと思っています。
 
 散骨船があることを、私もビックリしました。
 商売が成り立っているところを見ると、
 希望者がけっこう増えているのでしょうね。

 鹿児島も朝晩は少し涼しくなって来ました。
 そちらはどうですか。
 秋は好きな季節ですね。
 高原・コスモス・紅葉・枯葉
 また私の好きな熱帯花木の、花の季節を迎えます。
 
 いくつかUPする機会もあると思います。
 名古屋で会が催されるのですね。
 頑張ってください。

 
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード