オジギソウ

先日お客様から、「オジギソウ」を戴いてきた。
話には聞いていたが、こんなに素早い動きを、するとは思わなかった。
面白いので、触っては閉じさせ、開いては又触りで、
オジギソウも正直、迷惑だろうなと思う。
あまりもの反応の良さに、お辞儀をさせるのが、楽しくてたまらない。

オジギソウ

オジギソウ
和名 ネムリグサ
英名 Mimosa pudica
ネムノキ科 オジギソウ属
原産国 ブラジル

このオジギソウに待望の花が咲いた(10’9/16)。
ピンクの雪洞(ぼんぼり)で、大きさは約1.5cm。
今朝(9/18)見たら、2個の新しい花が咲いている。
写真では見ていたが、事の外可愛い。

オジギソウUP
オジギソウ2個

オジギソウ2個
9月21日撮影分追加します。

サムネイル画像をクリックすると拡大します。

風にも、少しの振動でも敏感に反応する、このオジギソウ。
葉のみか、柄からガクッと垂れ下がる。
夜間にも眠るように、葉を閉じ垂れ下がる。
これを、就眠運動と言うらしい。

誰しもメカニズムを知りたいと、思うのが当たり前。
この素早い動きは、電流と水の働きによって、反応しているようだ。
オジギソウについては、色々な研究者が、発表しているので、ご参照下さい。

オジギソウの「おじぎ」は、なぜ あんなに素早い?
上智大学理工学部教授 土屋 隆英氏
http://www.athome-academy.jp/archive/biology/0000000114_01.html

以前から我が家にも、そっくりさんが生えている。
触れてみてもピクリともしない。
比較の意味で、これも動画にしてみた。

「オジギソウ&カワラケツメイ」 シッタレ作成動画
http://www.youtube.com/watch?v=OFD_nyt_LGQ

「カワラケツメイ」(川原決明)
マメ科 カワラケツメイ属
分布 本州以南・朝鮮・中国
1年草

カワラケツメイ

背丈が50センチ前後あるらしいが、家に生えているものは、
それほど高いものではない。もしかすると、そのぐらいの高さに
なるものかもしれないが。また別の物なのか判別出来ない。
しかし、高さを考慮しなければ、この草は「カワラケツメイ」のようだ。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 草花
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

オジギソウ

近所に 咲いている花と少し違うかなって検索したら
合歓の木でした(^▽^;
同じだと思っていましたが オジギソウとは
別物なんですね★
朝晩 涼しいから 眠りにつくのも 朝起きるのも
だいぶ 楽になりましたが 日中は やはり
暑いです(><)

Re: オジギソウ

> 合歓の木とは違います。
 合歓の木は大分大木になりますよね。
 オジギソウは20cmくらいの草です。
 でも可愛いですよ。

 私は連休中にどこも行かないで、ハモニカの練習中です。
 近いうちにUPします。
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード