新緑の奥入瀬渓流

A
撮影日10’6.14

奥入瀬は様々な表情で、旅人を迎えてくれる。
時には激しく、時にはせせらぎのように、また時には大河の流れにも似てゆったりと。
どの表情も我々を存分に満足させてくれる。

B C
 
D
奥入瀬は渓流に沿って、14kmも遊歩道が続く。
十和田湖から流れ出る奥入瀬源水は、水門の調節により、
常に一定の水量を保ち流される。雨の日も・風の日も、晴れた日も、
また、豪雨の日にあっても。

奥入瀬の六月は、真っ盛りの谷ウツギが、水面に映して鮮やかだ。
ウツギ 苔
 
E 滝
 
サムネイル画像をクリックすると拡大します。

「奥入瀬渓流R102号」シッタレ撮影
http://www.youtube.com/user/sittare21

また、ぶな林の美しいこと。我々南九州の者には、なんとも清清しい。
白神山地がブナ林の原生林で、世界遺産に登録されたが、
この地域のブナ林も決して負けてはいない。
秋は一変して、渓谷も山も全てが赤く燃えると聞いた。
こうなっては、も一度来なくてはならない所に、なってしまった。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして!
いつもお邪魔をしております。
素敵な写真ですね~
沢山の滝を見ながら美味しい空気を
一杯吸いたくなりました。
写真を見ているだけでも、とても気持ちの
良い気分になれました♪ありがとうございます(o^∇^o)ノ

ずっとお礼をしたかったのですが・・・
リンクありがとうございます。
お礼が遅くなり大変失礼いたしました。
もしご迷惑じゃなければ、ワタシもシッタレさん
のブログをリンクしても良いですか!?

Re: 今晩は。

> 今晩は。
 コメントありがとう御座います。
 いつも覗いて頂いて感謝です。
 以前(大分前)横浜(瀬谷区三境)に住んでいた事があります。
 横浜は大好きな街でした。
 今はどこでも「ジャン」言葉を使いますが、
 昔は横浜地区のローカル弁だったと思います。
 私も全て「ジャン」を付けて話していました。
 今は鹿児島に引っ込んで、すっかり田舎ものです。

 私たちは、日本の外れで暮らしているので、「囲の中の蛙」では
 いけないと、グループで2年に1回ほど、全国を訪れています。
 その結果、今回の旅で私シッタレは、全ての県を踏破したことになり、
 一人で喜んでいるところです。
 私も出来るだけ、訪問させて頂きますので、今後ともよろしく
 お願いします。
 最後に「リンク」の件ですが、喜んでお願いします。
 リンクを通じて更に輪が広がれば、嬉しい限りです。
 
 
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード