知林ケ島へ渡った!Ⅱ

いよいよ島に上陸した。
先ずは南展望台まで、階段を登っていく。
入り口 登山
 
杖
登山道入り口に、親切にも竹の杖が置いてあった。
自由に使ってよく、この杖で大変助かった。
途中、途中の踊り場で、砂洲を眺めながら、頂上に着いた。

南手前 南台
 
蟻んこのように、人々が島目掛けて、砂洲を渡ってくる。

島を目指して歩き出すと、急にこのメロディーが、自然と出て来て、
駐車場に戻るまで、この曲が離れない。ずーっと口笛を吹きながら歩いた。
「百万本のバラ」と共に、私の大好きな曲です。

「この空を飛べたら」 加藤 登紀子
http://www.youtube.com/watch?v=LpmtFsewWpY&feature=related

南展望台の中には、幸せの鐘が吊るしてあった。
砂洲の「架け橋」の意から、「契りの島」「縁結びの島」と言われ、
若いカップルが、次々に鐘を鳴らしていく。
私たちも(若くはないが)行きに2回、帰りに2回、鐘を撞いた。

鐘 南台外から
 
鐘を鳴らしている、女性の顔を隠したが、綺麗な人だった。

菊 案内板
 
北台
北台から 桜島
 
UPの写真は、うっすらと桜島が見える。

島の反対側、桜島の見渡せる、北展望台や灯台を回り、
(桜島方向も眺望がよく、すばらしい錦江湾を満喫した。)

青花 方向板
 
灯台 

最初の展望台へ戻ってきた。
島を離れる人もいれば、今から入島する人たちも見える。
南から
サムネイルをクリックすると拡大します。

失敗したのは、飲み水を携帯してこなかったこと。
喉の渇きと、水分不足から足が引き攣った。
今回は私は足が攣り、家内は足にマメをこしらえ、
残念ながら島内1周は断念した。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
知林ヶ島も砂州も、恥ずかしながら、初めて知りました。
スゴイですね~。 びっくりしました。
砂州としては、現在では、世界一ですか・・・
日本にこのような所があるのですね~

写真を拝見して、やっぱり、聖書に書かれている、
紅海が割れるシーンが、思い浮かびました。
一度、歩いてみたいものです。

最新の記事のバラの花も見事ですね。
いろいろ教えていただけて感謝です。
ありがとうございました。

Re: No title

> 今晩は。いつもありがとう御座います。
 鹿児島の魅力が、又一つ増えましたね。
 是非、一度はいらして下さい。
 
 私も永い間、この土地に暮らしていながら、砂洲を渡るのは初めてでした。
 この日はとてもラッキーでした。着いた時間も早くて、ゆっくり島内を
 散策できました。島まで渡りきるのに、普通20分ぐらいですが、
 私は約40分は掛かったと思います。
 嬉しくて、両方の波打ち際へ、行ったり来たり。
 近くを行き来する、定期船を見てはパチリ。
 大忙しでした。

 薔薇のお宅はすごいですよね。本当はまだ少し早かったのです。
 もう少し満開になってから、UPしたらもっと綺麗なんですけど。
 毎年この薔薇を見るのが、楽しみです。
 薔薇を育てたことはありますか?
 とても難しいですよね。
 ここの方には頭が下がります。
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード