イペーが満開に Ⅱ

イペー(イッペー) 
ノウゼンカズラ科 タベブイア属 (Tabebuia chrysotricha)
別名 コガネノウゼン、キバナノウゼン

表紙
 
「我家の花シリーズ」

この花は、眩しくて高貴、又清楚で鮮やか。
まだまだ、いくら表現しても、表現し足らない程です。

でも、残念なことがある。画像の色がもう一つ気に入らない。
私の今のカメラでは、本当の色を出してくれない。
誠に残念だ。
イペーの写真撮影は、相当に気を使う。
バックに空が写ると、花が暗くなり、ダメになる。
そこで、お隣のアパートの、階段を借りて、出来るだけ上から写す。
花の撮影全般に言えることだが、この花は特に空を嫌う。
細心の気配りをしても、これぐらいの写りでしかない。

UP A
 

鹿児島に、熱帯花木は数々あるが、直前に葉を全て落として、
花だけ一杯に、咲いてくれる熱帯花木は、たぶん、このイペーだけだと思う。
ジャカランダ・トックリキワタなどは、残念ながら葉を残して咲くので、
もう一つだ。(それでも好きだけど)
沖縄では葉を落とし、花だけで咲いてくれるのに。
それほど鹿児島では、貴重な綺麗なイペーです。
C

このイペーはブラジルの国花。
あのサッカーチーム、カナリヤ軍団の、ユニホームの黄色は、
このイペーの黄色だと、言われている。
B

以前お客様と、イペー談義をしていたら、こんな話を聞かせてくれた。
その施設にブラジルから、女性の留学生が来ていた。
ある日我家の前を、バスで通ったらしい。
久々に見た、自国の国の花の、満開のイペーに、いたく感動していたらしい。
私のイペーが、ホームシックの癒しに、役立ったのだと思うと、
うれしいかぎりだ。

D Jet
 
サムネイルをクリックすると拡大します。

ピンクイペーが今年も、不発に終わったので、
このキイロイペーには、感謝している。
近々、紫イペーも手に入る予定だ。
楽しみだ。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。


テーマ : 四季 -春-
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブログ開設一周年、おめでとうございます!
お仕事をお持ちで、さぞかしお忙しいでしょうに、
こうしてブログを続けておられるのは、すごいことですね。
イベーの花もちょうど満開となり、お祝いしてくれているようです。
美しい花、すてきな歌、懐かしい歌、そしてグルメ情報も・・・ありがとうございます。
これからも楽しみにしています♪ 


Re: お祝いのお言葉ありがとう御座います。

> シッタレとほぼ同じ頃に、開設されたのですね。
 早いものでもう1年経つとは。
 
 ブログを始めて、本当に良かったと、思っています。
 petero kさんとも、知り合えましたしね。
 今後とも宜しくお願いします。

イペー

オーストラリアの方のブログでイペーという花を知り、
http://blogs.yahoo.co.jp/casablancalily730/folder/1477035.html
グーグルで検索したらこのブログにたどり着きました。
花は大好きですので、今後も時々お邪魔させていただきたいと思います。

Re: イペー

> 今晩は。
 コメントありがとう御座います。
 私がイペーを知ったのは、もう20年近く前です。
 ある民家(鹿児島市内)に、枯れ木に冗談のように、
 黄色い花が、ぶら下がっていました。
 近づいて本物の花だと、判った時の感動は、忘れられません。
 約十年前、イペーの苗木を購入。3本は黄色。1本はピンク。
 黄色は毎年満開の花を付け、近所に評判になっています。
 ピンクは残念ながら、まだ花を咲かせたことはありません。
 気長に待たなければ、ならないようです。
 品種によっては、2~3年で開花する、ピンクイペーもありますが、
 私のは下手をすれば、開花まで15年くらい、かかる品種みたいです。
 じっくり待っている、私です。
 今後とも、よろしくお願いします。

タベブイアについて

黄色い花のタベブイアがとっても綺麗ですね!
ところでコガネノウゼンとキバナノウゼンとは違い種名を指しているようですよ。

コガネノウゼンとはタベブイア・クリソトリカ(Tabebuia chrysotrycha)のことで、南米のコロンビアからブラジルにかけて分布しているようです。
キバナノウゼンとはタベブイア・クリサンタ(Tabebuia chrysantha)のことで、中米から南米北部にかけて分布しているようです。またベネズエラのナショナル・ツリーでもあります。
この他に、タベブイア・ウンベラータ(Tabebuia umbellata)という種があり、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州からサンタ・カタリーナ州辺りの標高400mぐらいの低山に分布しています。
タベブイア・ウンベラータは耐寒性にすぐれていて、日本の冬の寒さの厳しい気候にも順応できる種と思われます。
またタベブイア・ウンベラータの分布域には、日本人が多く移住しているので、日本本土で見られる黄花のタベブイアの多くがタベブイア・ウンベラータの可能性もあるようです。

Re: タベブイアについて

> カルロス こんばんは。

 貴重なコメントを戴き本当にありがとうございます。
 私は黄花のタベブイアは全て同じ種と思っていました。
 お話からすると私の家に咲くタベブイアはウンベラータ
 かも知れませんね。
 ウンベラータの名は知っていましたが、違う種とは
 知りませんでした。
 今後とも色々教えてください。
 よろしくお願いします。
 もしよろしければどこのお国の方か、
 教えて頂ければ嬉しいです。
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
プロフィール

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード