パンチパーマの仏像さん

京都観光のタクシーの車中で運転手さんが「最近パンチパーマの仏像が話題になっている」と、
写真を見せてくれた。
見た途端、本人(仏像さん)には悪いが吹き出してしまった。
予定外だけど見る気はないかとのこと。
時間が許せば是非!とお願いした。

名前は
『五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀仏像』。
場所は「浄土宗大本山・くろ谷 金戒(こんかい)光明寺」の墓地内。
笑うと罰が当たるが何とこの頭。
話によると修行に明け暮れ髪を切る暇もなかったらしい。
修行熱心のあまりこのようなお姿になられた・・・頭の下がる御方なのです。
最近巷では「パンチパーマの元祖」と親しまれているらしい。

案内
パンチ
思えば、大仏さんもいくらかこの頭に似ているような?

話は変わるがこの「金戒光明寺」は幕末幕府側の重責にあった
「松平 容保(かたもり)公」会津藩の陣所であったらしい。
金戒

容保公は幕府に恩義を感じ仁義に熱い人だったが、国際情勢等の情報収集能力が
気迫だったため、白虎隊初め会津藩の優秀な人材を失わせてしまった。
「金戒光明寺」に立って激動の幕末の動乱に思いを巡らさずにはいられなかった。
特に旧薩摩の血を受け継いだ者としては。

墓地内には「江」様(お江与)の供養塔もあった。
※「浅井 長政」と信長の妹「お市の方」の子供三姉妹の末っ子。
  2代将軍、徳川 秀忠の正室。
  他の二人は言わずと知れた豊臣 秀吉の側室「淀殿」(茶々姫)。
  次女は京極 高次の室 常高院(お初)。
所謂、浅井三姉妹の末っ子。
ここ、「金戒光明寺」は徳川家との縁が深いのだろう。
江様

この墓地の中は他にも面白い仏像さんが多数おられた。
パンチ2

興味を持たれたら行かれることをお勧めします。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード