スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クコと南港と④カラス貝

南港B

クリックを。

写真の漁船の先に丸いタンクのようなものが見える。
そのあたりの岸壁にへばりついていた黒い二枚貝。
「カラス貝」と呼んでいた。
湯がいて食べるとそれは美味だった。
プリツプリの身はアサリより豊満で、
お腹への収まりも数段良かった。

その後数十年経ってその貝がおフランスでいう、
あの高級食材の「ムール貝」だということを知った。
日本名で「ムラサキイガイ」、あちら名でムール貝。
道理で美味しいはずだとその時は納得した。

しかし、手離しで喜んではおられなかった。
カラス貝は栄養分は豊富だが水質の悪い環境が好みらしい。
言われてみると当時は生活排水がそのまま流れ込んでいた。
何も知らずにその貝を喜んで食していた。
今から吐き出してももう遅い。

ここで「ムール貝」の名誉のために一言。
現在ムール貝は環境の整ったところで生産されているとのこと。
何の心配もご無用と言うことです。

ところで子供の頃樹の根を穿って皮をかじっていたものがあった。
鹿児島では「ケセン」又は「ゲセン」と言った。
日本名は「桂皮」「肉桂」「ニッキ」「ニッケ」。
おフランスではお洒落なお名前「シナモン」。
(本当は近縁種で少し違うようですが)
アップルパイ・シナモンロール・シナモンティー
私のこよなく愛するヨーロッパの香り。
おフランス繋がりで取り上げた次第です。

鹿児島ではケセンの葉2枚で挟んで蒸した
「ケセン団子」が郷土菓子として親しまれている。
所変わればこんなにもお洒落な食品に変わるんですね。

まだ続きます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シッタレ

Author:シッタレ
FC2ブログへようこそ!

Web page translation
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。